よくわかる家族葬☆葬儀情報ガイド

トップ > 葬儀の豆知識-家族葬- > 葬儀の考え方の変化と家族葬について

葬儀の考え方の変化と家族葬について

 葬儀を執り行うということは、そう頻繁にあることではないのでいざ執り行うとなれば、何から手をつければ良いかわからず頭を悩ませるのではないでしょうか。
葬儀を執り行う際には、業者に依頼するというのが一般的であり、まずは葬儀業者を選ぶところから始めなくてはなりません。
ひと昔前は葬儀は一般葬が主流で、個人と関わりがある多くの人が足を運んでいることが当たり前でした。
そのため、遺族は初対面やほとんど面識がないという会葬者も多く、挨拶を始め対応で気疲れしてしまい故人との別れの時間をゆっくり過ごすどころではないということが大半でした。
しかし近年では、高齢化により葬儀に参列できる人が減ったことや、人付き合いが少なくなっていることもあり規模の小さな葬儀を選ぶことも珍しくはなくなっています。

 家族葬のように規模の小さな葬儀ならば、ごく身内の少人数のみで執り行うことができるので、気疲れしてしまうこともありません。
家族葬というと家族しか参列できないという印象がありますが、実際には家族だけではなく故人と本当に親しかった人や遺族が参列してもらいたいという場合などには、参列することができ自由度も高い葬式のスタイルとなっています。
ある程度の人数で執り行うので、会場も小さな場所でよく、会場費は大幅に軽減させることができます。
もちろん香典の数も減ったり全く受け取らないということが多いですが、葬儀の規模が小さくなったことにより、金銭面の負担もあるていどまでは軽減させることができるなど家族葬ならではの利点も多いので、今後さらに需要が高まっていくことは間違いないといえます。

 葬儀業者と一口に言っても、全国展開している規模の大きな業者もあれば、地域密着型の中小規模の業者も存在しています。
どちらが良いと一概に言うことはできませんが、葬儀業者を選ぶときには、複数から見積もりをとったり相談して比較してから決めることが大切になってきます。
金銭面の違いは比較しやすく気になるポイントということは確かですが、安いという理由だけで判断してはいけません。
家族葬を執り行った実績が豊富にあり、スタッフも慣れていて信頼できるのかを知るためにも、必ず相談するようにしましょう。
家族葬を選ぶ理由の一つに、リーズナブルに済ませることができるという点があげられる人が多いからこそ、無理に高いプランを勧めてくる業者は選ぶべきではありません。
複数を比較することで、ある程度は知ることができるようになります。

▲ ページトップへ