よくわかる家族葬☆葬儀情報ガイド

トップ > 葬儀の豆知識-家族葬- > 時代と共に変化をしている葬儀・告別式の形

時代と共に変化をしている葬儀・告別式の形

 新しい時代に突入しましたが、昔と大きく変わって来ているのが葬儀・告別式ではないでしょうか。
かつては自宅で行う葬儀・告別式が大半でしたが、現在では会館を借りて行うのが主流です。
これだと遺族や親類の負担も少ないですし、故人との最期の時間をゆっくりと過ごすことが出来ます。
会館には宿泊施設やシャワールームが併設されているので、遠方の親類も安心して参列することが出来ます。
もう一つの大きな変化が、家族葬の増加ではないでしょうか。
背景にあるのが、費用面だと言われています。
お葬式には多額の費用がかかるイメージがありますし、それはあながち間違いではありません。
コンパクト葬が注目されていて、家族葬はその中心的な位置にあると言えます。
平均の費用は、40~50万円だと言われています。

 家族葬の特徴と言われているのが、小さめの祭壇とお部屋です。
参列者の数も20~30人が想定されていて、供花やお供えも最低限の数に抑えられています。
スペースに限りがあるので、制約があるのは仕方がありません。
ただ、満足度は通常のお葬式に比べると格段に高いようです。
きめ細やかなスタッフのサービスもそうですし、余計なところに気を配る必要がありません。
何より優先されるのは、故人の遺志であり遺族の意向だからです。
無理強いをされることはありませんし、口コミで評判が広がっています。
インターネット上で評判をリサーチすることも出来ますし、複数の候補をピックアップしておくと良いのではないでしょうか。
経験者の話を聞くのも効果的ですし、慎重さと大胆さを持ち合わせることが失敗を防ぐことに繋がります。

 葬儀・告別式を考える上では、互助会の存在を抜きには無理だと言われています。
あらかじめ互助会に入っておくことで、様々な特典を受けることが出来ます。
最も大きいのが料金の割引きですが、その他には会館の見学会が挙げられます。
棺桶や祭壇を見ることが出来ますし、中には料理の試食会を開催するケースもあります。
空前の終活ブームが起きていますが、明るく前向きに最期を考えることで、生きていることに感謝の気持ちが込み上げてくるはずです。
弁護士や税理士が相続に関して相談に乗ってくれるイベントもありますし、互助会に入っておくと知識が増します。
毎月の掛け金は2000~3000円ですし、途中の解約も可能です。
人生百年時代と言われていますが、だからこそ心の準備を万全にしておくべきではないでしょうか。

▲ ページトップへ