目的別気象観測サービスの選び方

気象観測サービスを利用するさいには必要とする情報が何なのかを理解しておく必要があります。観測の種類としては、風向風速、気温、湿度、雨量、日照量などが一般的ですがそのほかにも特殊観測として三次元による風速観測や直達日射量、紫外線量などがあり、また上空の高層における観測もあります。これらの情報は複数の観測点で観測されることで天気を予測することができます。一方で天気の情報を予測するために活用するのか、過去の天気の情報を得るために活用するのかによってサービスの品質が変わってきます。また天気といっても局所的に変化することも多くなっており、そのためリアルタイムでの天気予報を利用したいといった場合にはそのような情報を提供しているサービスを利用する必要があります。

気象観測の種類と得られる情報とは

天気を知るためには気象状態を観測することが重要です。これらは観測装置を設置することで知ることが可能ですが、予測するためには広範囲に観測装置を設置する必要があり、それらが適切に作動しているかどうかを確かめる必要があるなど、運用するためのコストが高くなります。このため正確な観測というものは費用が嵩むものです。一方で気象情報を手に入れることで気温や湿度の予測、また天気の予測が可能になり、それらを利用することで商品の販売や作業スケジュールを組むことで効率的な業務を行うことができます。得られる情報の種類としては地上観測としては、風向風速、気温、湿度、日射量、雨量などがあり、そのほか上空の高層の気象情報なども得ることが可能です。また気象衛星画像では雲の動きを正確に知ることができます。

得られた情報を活用するポイント

得られた気象観測の情報を活用するといっても、その業種によって活用方法は変わってきます。これらはそれぞれの業種によって気象条件によって売上が下がるケースもあれば上がるケースもあります。例えば朝方は晴れていても夕方が雨と予測された場合には、雨傘が売れる傾向にあります。また気温が低い場合には温かいものが売れますし暑い日でも気温が一定のラインを超えると飲料よりもアイスクリームなどの氷菓子が売れる傾向にあります。日照量の観測では、農家が野菜を育てるといったさいに有益な情報になりますし、雨量の観測によって灌漑するタイミングを知ることが可能です。このようにさまざまな分野で活用することが出来ますが、それらには情報を得ることによって得られた効果の情報を蓄積し、連動させることが上手に活用する上でのポイントになります。