気象観測サービスの効果的な利用方法

夏には台風、豪雨、冬は豪雪と年々変化する天候の乱れはその影響も大きくなってきました。「天候の乱れで予定が崩れる」、という経験をした人は気象がダイレクトにかかわる建築業、農業、流通、観光業界の方だけではなく各業種各地域で多くいるのではないでしょうか。こういった中、先の天気をより早く把握することはビジネスマンとして必須のスキルになりつつあります。気象観測サービスも年々レベルをあげ、その実用性は高まっています。またITの進化にともない、情報を入手するのも手軽になってきました。進化した気象観測サービスとITをうまく活用し、危機管理をするのみならず、同業種より一歩先をみすえた事業展開をしていくことで差別化をはかっていくのは今後の企業において必要不可欠な要素といえるでしょう。

「100年に1回の大雪」異常気象の連続

ニュースを見る中「30年に1回の大雨」「100年に1回の大雨」という言葉を耳にすることは少なくありません。気象に関する仕事をしていなくても、現在の気象の異常さを感じることでしょう。異常気象が経済に及ぼす影響は計り知れず、それを受け止めていくしかないのが現状です。一方でただ指をくわえてみるのではなく、「予測しうる」事態として未然に対応することが社会において求められています。そこで活用したいのが「気象予報サービス」です。一般的に気象予報というとて「晴れ」「雨」「台風が来る」など簡易的な天気予報を想像しますが気象予報サービスとなると専門的なサービスの提供が各種あります。例えばスキー場などスポットでの天気予報、また道路の凍結予想、それにともなう市場の予想までされます。

専門性の高まる気象予報サービス

専門性の高まる気象予報サービスはそれに付随して管理システムも充実してきています。たとえばエネルギー開発者。太陽光エネルギーを活用して事業を展開したり、また工場など事業を運営する企業もすくなくありません。今後の太陽発熱予測などの供給予測や統計処理、それにともなう管理クラウドシステムなどのシステムを導入することで長い視点での経営管理ができます。農業を例にとるならば、今後の気象を予測する気象情報と過去データから予測される生育状況、市場状況をもとに長期的収益状況の予想を可能にしています。さらに小売・流通業界でも気象データを過去の売上データをリンクすることで需要予測を導き出し、それにともなう受発注を管理することができます。このように成長した気象観測サービスと各種データ管理のシステムを活用することで、天候を味方にすることは可能になってきました。