気象観測サービスで提供される主な項目

普段、何気なく見ているニュース番組や情報バラエティー、データ放送などで目にする機会の多い天気予報は、農業や漁業、各交通機関や船舶、航空関係など、天気が密接に関係する職業への影響の予想や家事など、人々の暮らしに実に深く関わっている情報の一つです。その天気予報は様々な方法を用いて気象現象を観測した情報を基にして作られています。海外では、国防上の理由から、国家が管理している気象機関のもとで作られることの多い天気予報ですが、こと日本においては、気象の観測への規制が緩和されているため、国土交通省が管轄している気象庁や、地方の公共団体などが、観測を行っています。気象庁が行う観測は、国際的な規格に準じて行われており、世界的にも非常に精度の高い計測がされています。

気象観測サービスで提供されるデータ

近年では、希望した箇所に観測機器を設置することにより、その地点の観測データを収集する、気象観測サービスや希望した地点での観測を行ってくれる観測サービスが注目を集めています。これらのサービスで提供される情報はいくつかあります。まず、地上気象観測とよばれる観測方法で観測された、日射量や降水量、風向きや風速、気温、気圧、湿度、目視検査による天気の調査などのデータです。この観測方法の歴史は古く、最もポピュラーな方法の一つです。この他には、高層気象観測とよばれる方法で集められた、高層にある大気の風向きや風速を始めとする大気の状態を観測したデータです。この方法は、1749年にスコットランドで天文学を研究していた学者でウィルソン効果が有名な、アレキサンダー・ウィルソンが行ったことでも知られています。

可能性が無限大にある気象の観測サービス

様々なデータを収集する機器の数々や、観測方法で、バリエーションに富んだ観測データを得ることができるようになった現代では、技術の進化や、各機関の情報共有システムなどにより、精度や質の高い情報が簡単に手に入るようになりました。気象情報は、各企業などの経済活動にも緊密に関わる重要なものであることから、例えば、大型の工事を行う際の指針や、電車などの交通機関の災害対策、農業などのプラン作成、地域の自治体などの台風を始めとする災害への対策などにも役立ちます。このように、観測データを活用することによって得られるメリットは多数あります。近年では、異常気象の影響もあり、今まででは想定できなかった気象による影響も出ています。気象に関するお悩みをお持ちの方は、一度こういったサービスを利用してみてはいかがでしょうか。